帯をお太鼓に結んでみる—思ったほど大変ではなかった一方、反省させられることも多々

久しぶりに帯をお太鼓に結んでみました。月末に茶会と同窓会があり、着物を着て帯をお太鼓に結んでいこうと思っているので、その練習のためです。
私は着物を着るときには半幅帯を使うことが多く、名古屋帯や袋帯をお太鼓に結ぶことはあまりありません。お太鼓に結ぶのは、私にとってものすごくハードルが高いといえます。でも月末の会合に半幅帯ではカジュアルすぎるので、練習してどうにか結べるようにしようと思いました。
お太鼓は結ぶのが難しいので、呉服店などに行けば作り帯もあります。でも見る人が見れば作り帯だとすぐにわかってしまうし、デザインも安っぽい感じのものが少なくありません。だから私は練習して、なんとか自分でお太鼓を結べるようにしたいのです。
さて実際のところ、着付けの教本を見ながらどうにか結ぶことができました。思ったほど大変ではなかった一方で、結んだ後に外に出てみると「ここがまずかった」「次に結ぶときはこうしてみよう」と反省させられることも多々あったのが正直な実感です。
ともあれ、月末までには何回か練習して、少しでもよい状態で会合の当日を迎えたいです。子供の視力回復