生活費24万円。貯えとおお金で60万円。

生活費は計算すると24万円。主人の手取りが24万円。
2人で働いたサイドワークが60万円着衣。だから、その60万円がお小遣いと備蓄にのぼる。
備蓄は毎月40万円。ということはお小遣いは20万ぐらい?決して使ってるかな?
主人の嗜好が5万ぐらいで、残りの15万はどこに消えてるんだ?
使い道迷宮金があるのか、ないのか。でも使い道迷宮財産なんてなさそう。
完璧にキャッシュを防止してるから。上述も備蓄に回ってみたい。
5万ぐらいのものを貰うときは、ちょい検討してから貰う。
1000円や2000円の雑貨なら、考えずに貰う。
10000ぐらいでも考えずに貰う。5万ならちょっと図るかな。
お小遣いは20万ぐらいあるし、備蓄は40万円。
だいたいこういうペースでもっと来てる。昨年の遅ればせから給料がバーンと伸び出して
一気に150万ぐらいになったけれども、その業務は終わってしまった。
財産支払いがよくてすばらしいカスタマーだったな。ありがたやありがたや。
特別賞与も100万上記もらったし。ミュゼ 100円 キャンペーン期間

住人の権利のところについて教育をしていました

ネイティブのリバティーについて研究しました。憲法は、ネイティブ自治の基本にもとづき、地方自治体の首長・議会の議員の公選を定めています。また、1つの地方自治体のみに適用される限度法(広島和やか思い出大都市建設法、長崎インターナショナル俗習大都市建設法など)の構築には、ネイティブ投票(レファレンダム)でその殆どの得心が必要であることを定めています。再度、ふる里自治法ではネイティブが直要望行えるリバティー(直要望特権)が定められています。こういう一部、法令の構築や改廃を請求するリバティーはネイティブ発案(イニシアティブ)であり、首長・議員などの解職や議会の解散を請求するリバティーはネイティブ解職(回収)だ。そのほか、経理や職務の監査要望も認められているそうです。最近では、ネイティブ投票法令によるネイティブ投票が地方でおこなわれるようになりました。ネイティブのアイデアをふる里の地方自治体に表現させる有効な手段であり、中学やハイスクールの投票を認めている地方自治体もあるそうです。知らない言葉ばかりだったので勉強になりました。お金借りるならどこ