松坂投手が中日の入団テストを受ける事になったようです

平成の怪物と言われる松坂投手は今年ソフトバンクのオファーを断り退団しましたね。ソフトバンクでは4億円とも言われる年俸で3年間在籍しながら登板したのは1試合のみ、それも大乱調でした。

それでもソフトバンクは高額な年俸でありながら最後まで松坂投手の首を切る事はありませんでした。ソフトバンクは球界屈指のお金持ち球団だと思いますが、それを踏まえてもこれだけ契約し続けたのは凄い事だと思います。

しかもそうして結果を残す事が出来なかった松坂投手に対してソフトバンクが用意したのはコーチ兼任での現役続行でした。現役続行を希望する松坂投手に対する最大限の誠意、むしろ誠意レベルではないありがたい話だったのではないでしょうか。

しかし松坂投手が選択したのはソフトバンクを退団する事でした。なぜこの選択をしたのかは分かりません。恐らくソフトバンク以上にいい待遇の球団はないでしょうから気遣いなのかもしれません。

そして松坂投手が中日の入団テストを受ける事が決まりました。西武時代にお世話になった方が中日に居て、その縁でここまで進んだようです。

入団するかどうかは不明ですがもうソフトバンクの事のようにあっさりした事はしないで欲しいです。

これだけ色々と大事にしてもらっているんですから…

他人に理解されるのって思っているより難しい

自分では、このやり方は正しいと思っているのに、他人は私のやり方を間違っていると否定してくるときありますよね。

けどそれって実際どうなんでしょうか?
答えが決まっていることは別として、答えがないものに関して考えてみてください。

私は自分が正しいと思っていることを他人に否定されると正直むかついてしまいます。
これがもし自分が尊敬している人に否定されたらどうでしょう。
やはり自分が尊敬している人に、否定されると、「私間違っているのかな。。。」と思ってします。

逆に、自分より下だと思っている人や、たいして尊敬してしていない人に否定されると納得できません。

相手によって考え方変わってくるのってやっぱり、
自分はどんなに仲いい友達の中でもランク付けして自分と比べているからではないでしょうか
また自分という存在を認めてほしいという思いが出ているのだと思います。

これを言うと私はそんなこと思っていないと反対してくる人がいますが、そんな平和な考えでは世界でやっていけません。お金 借りる 5万