2019年の大発会は一時、日経平均が700円超の下げ

2019年の大発会は一時、日経平均が700円超の下げとなるも、結局引けでは450円程度の下げとなり、下げ幅が縮小しています。このように始めはどかっと下げても終値はしっかりと切り返すときには終値で買えば儲かることが多いので私はかなり株式を終値で買いました。

もちろん、私が終値で買った銘柄は小型株ではなく大型株ばかりです。小型株の場合ですとたとえ100株しか「引けなり」注文を入れなくとも終値が高値引けしてしまい、」結果として高値づかみになりかねないので、私は出来高のある大型株を購入したのです。

それに、下げていたといっても全ての株が下げていたわけではなく、内需株の中にはプラス引けしている銘柄もちらほらありました。私はプラス引けしている銘柄は今回は買いませんでした。

プラス引けしている銘柄というのは、次の日株価全体が下げた場合には今回上がった分があるので、その分だけ株価が弱くなるかもしれないので、私は用心して本日下げている銘柄を購入したのです。ベルタ酵素ドリンク 授乳中